叶わなかった場合

通常、購入したパソコンを販売メーカーのサポートを通して修理を頼むと、初期化された状態で機器が戻ってきます。
初期化はプログラムが全て工場出荷時の状態に戻されることで、修理時に初期化される理由はハードディスクなどのストレージを交換したり、OSの再インストール作業を行ったためです。
しかし、最近のパソコン修理業者の中にはデータを消さずに直すことができる業者が増えています。
これは初期化作業を行う前にバックアップを取ったり、データの復旧をしているためです。
データの復旧を行う場合は別途料金が必要となりますが、大切なデータを救えるとあって、多くの依頼者がデータを残して直してもらうように希望するようになっており、今後もデータを残しての修復作業の需要はITが進む上でますます高まると見られています。

電源が入らない、ハードディスクから異音がするといったハードウェア系のトラブルは分かりやすいパソコンの故障です。
一方で、ソフトウェア系のトラブルや一部のハードウェアでのトラブルには故障かどうかの判断が難しい症状もあります。
例えば常にハードディスクがバックグラウンドで読み込み作業を行っている、といった場合は故障の可能性とバックグラウンドでファイルのインデックスを作っていたりといった正常作業の両方の可能性があります。
このような判断が難しい症状には自己判断で誤った対応をしないように、注意が必要です。
なんとなく動作がおかしい、いつもより重いといった故障か判断が難しい症例は、パソコンの修理業者といった専門家に相談した方が良い結果を得られることもあります。

Copyright(c) 外付けhddが不具合に陥った場合、即復旧作業を行うべき